近頃考えていること



Final Fantasy Record Keeper 続行中
2018年2月19日

先日ブリッジクラブのメンバーからおすすめされたFinal Fantasy Record Keeperを続けて遊んでいます。 始めた頃はさくさく進んでいたのですが、だんだん敵が強くなってきてダンジョンをクリアできなくなってきました。
Final Fantasyというと初期の頃はバトルが中心のゲームだったという記憶があります。 ドラクエはストーリーやダンジョンの仕掛けが楽しかったのですが、Final Fantasyは戦って戦って戦い抜くゲームというイメージがありました。 そして、このFinal Fantasy Record KeeperもRPGの要素のうち、バトルだけを抽出したようなゲームになっています。
バトルをうまく進めるには、キャラクターのレベル上げ、アビリティの作成、装備の充実が必要ですが、それ以上に重要なのがキャラクター毎に用意されている必殺技の習得です。 ところが、この必殺技はガチャで入手するようになっていて、どのキャラクター用の必殺技が手に入るかは運の要素が大きくなっています。 課金をすれば、望むだけガチャを回すことが出来るので、パーティを強く出来るんでしょうけどね。
このゲームを遊んで面白いと思ったのが、補助魔法(敵の弱体化、味方の強化)が重要なファクターになっていることです。 通常のFinal FantasyやドラクエなどのRPGを遊ぶときは、konnokは補助魔法はほとんど使いません。 一人が補助魔法を使うと言うことは強化されるもう一人が2人分の攻撃をしないとペイしないので、そんなことをするなら地道にレベル上げをして二人とも攻撃した方が結果的に効率が良いためです。 しかしこのゲームではレベルの上限が設定されているため、レベル上げがしにくく、敵が強くなってくると簡単に敵の全体攻撃で全滅させられてしまいます。 補助魔法を使うキャラクターはバフ、デバフと呼ばれていて(konnokは初めて聞いた)ごく一般的なプレースタイルになっているようです。
konnokは課金をするつもりはないので、基本のシナリオだけ終わればいい(高難度のエクストラダンジョンは無視)と思っているのですが、どうなることやら。


名取盤友会開催
2018年2月11日

今日は午後から名取盤友会を開催しました。 ゲーム会で遊ばれたゲームは、ガイスター、ペンギンパーティ、スコットランドヤードカードゲーム、ナヴィガドール、イニシュ、ストライク、トレジャーハンター、センチュリー:スパイスロード、アクアレット、フレスコ、モンバサ、カルタヘナ、カルカソンヌ、トリックマイスター、キャプテンリノ・スーパーバトル、ブラックウィーン、ウォーターディープの支配者たち、ブードゥープリンス、リミット、SET、などでした。
カルタヘナは久しぶりに遊んでもらいましたが、最初遅れているように見えたプレイヤーがカードをためていて、一挙に進むというパターンで勝ってしまいました。 ある程度先に進んでいることは必要ですが、手札の上限がないゲームなので、手札にカードをためて一発で逆転という勝ち方もありなんだなあ、と感心したのでした。
。 リミットはブラフの駆け引きが楽しいゲームですが、今回遊んでもらったメンバーでは会話を含めてとても面白く遊んでもらいました。 ボードゲームというのは遊んでもらうメンバーによって違った楽しさのゲームになるんだなあと思ったのでした。
ということで、遊んでもらった皆さん、ありがとうございました。


名取盤友会開催
2018年1月28日

今日は午後から名取盤友会を開催しました。 ゲーム会で遊ばれたゲームは、バオバブ、ペンギンパーティ、コースターパーク、サイズ(大鎌戦争)ペルガモン、イスタンブールダイスゲーム、シーランド、クマ牧場、リワールド、トリックマイスター、キャメルアップカードゲーム、頭脳絶好調などでした。
また、今回は仙台バックギャモン会と合同でゲーム開催を行いました。 仙台バックギャモン会では7種競技(囲碁、将棋、チェス、連珠、オセロ、どうぶつしょうぎ、そしてバックギャモン)の並行試合をしたいということで、実際に試合も行われていました。 konnokなどはちょっと手が出ないので、そっとものかげから応援していました。
ペルガモンは遺跡発掘をテーマとしたちょっと変わった競りのゲームでした。 競りで取得した発掘物を構成して博物館に展示すると勝利点が得られ、その勝利点が一番大きい人が勝ちというゲームでした。 競りのゲームが不得意なkonnokでも楽しく遊べたのでおすすめのゲームだと思いました。
頭脳絶好調も久しぶりに遊んでもらいました。 このゲームはプレーヤーの戦略が自分も得点し他のプレーヤーも得点するようにするのか、互いに得点させないようにするのかでプレー感が違ってくるのですが、今回はみんなでブームを作って得点し合うという戦略になりました。 なので、どんどん「天才!」が出てくるのですが、全員がブームに乗っているときにその種類のタイルが引けないと苦しい展開になります。 プレイヤーの一人がそのような状況だったので、すみませんでした、と謝ったのですが、それも面白さのうちですよ、と言ってもらったのでちょっと安心したのでした。
ということで、遊んでもらった皆さん、ありがとうございました。


仙台ブリッジクラブ新年セクショナル大会参加そしてFinal Fantasy Record Keeper
2018年1月21日

今日は仙台ブリッジクラブの新年セクショナル大会に参加しました。 成績はちょうどアベレージでした。
ここのところ、コントラクトブリッジの土曜の例会はなるべく参加するようにしています。 このため、土曜日開催のボードゲーム会はご無沙汰になってしまっています。すみません。
ブリッジはそこそこ遊んではいるものの、なかなか上達出来ず毎回同じような反省をしている状況です。 とは言え、少しでも上達できるよう練習していきたいところです。
ところで、今回の試合の時に対戦相手の人からFinal Fantasy Record Keeperというスマフォゲームが面白いという話を聞きました。 うちのiPadにインストールしてみたところ、いままで発売されたFinal Fantasyシリーズの中ボス戦をピックアップして集めたゲームのようです。 ドラゴンクエスト11の祭壇の間を連想させますね。 面白そうだと思ったので、少し遊んでみようと思いました。


東部児童館ボードゲームカフェ参加
2018年1月20日

今日は午後から東部児童館で開催されたボードゲームカフェに参加しました。 幼稚園から小学校低学年の子どもたちにボードゲームを遊んでもらうというイベントでした。
konnokが対応したゲームはストーンエイジジュニア、ハムスターロール、ベルズ、クラッシュアイスゲーム、ドブルキッズなどでした。 ストーンエイジジュニアはストーンエイジというワーカープレースメントゲームの題材をそのままに、子どもたちが遊びやすいシステムに変更したゲームでした。 今回初めて遊んでもらいましたが、コンポーネントがしっかりしているので子どもたちにも気に入ってもらえたようです。
ベルズとクラッシュアイスゲームはやはり子どもゲーム会では定番になっていて、今回もずっと遊ばれていました。 ルールがシンプルなわりに盛り上がるゲームです。
子どもたちが楽しんでくれるのはいいのですが、やはりじっくり考えるタイプのゲームも遊んでもらうようにしていきたいなあ、というのが今後の課題ですね。


名取盤友会開催
2018年1月14日

今日は午後から名取盤友会を開催しました。 ゲーム会で遊ばれたゲームは、LCR、みんなのイーブン、モレール、ヘボコン対戦キット、ヘブン&エール、アサラ、ネーションズ、カタン、スモー対戦、斬捨て御免、ラ・グランハダイスゲーム、サイズ(大鎌戦争)、クイーンドミノ、フルーツジュース、不気味な階段、ラミーキューブ、トリックと怪人、トレジャーハンター、マニラ、モンスターメーカー、LIMITS、トリックマイスターなどでした。
アサラは今回初めて遊んでもらいました。 配られた使用人を使って塔の材料を集め、その材料を使って塔を建てるゲームでした。 使用人を効率よく動かすこと、毎回得点できる紋章をいかにして集めるか、ゲーム終了時に得点できる塔の高さや塔の本数をいかに増やすか、悩ましいゲームでした。 今回は紋章を全然集められなかったので、最下位でしたが、再度遊んでもらうことがあったら、今度はちゃんとやりたいと思いました。
トリックと怪人も今回初めてあそんでもらいました。 たった10枚のカードでの推理ゲームですが、悩みどころが多くまた怪人の存在が推理を混乱させるのでなかなか面白い展開になります。 カードの効果をもう少し理解するともっと面白く遊べると思いました。
ということで、遊んでもらった皆さん、ありがとうございました。


framesetをやめてhtml5化したいところですが...
2018年1月7日

私が管理しているホームページは3個あるのですが、全て手作りでframesetを使用して構成してあります。 ところが、html仕様の最新版であるhtml5ではframesetは廃止され、必要に応じてiframeを使用した構成でホームページを作成するように推奨されています。
このため、ホームページのframesetをやめてhtml5準拠に変更する対応をいろいろ試してみました。 ところがこれが結構難しく、画面の分割は出来るけどこちらが望むようにスクロールしてくれなかったり、PCではある程度うまく動いてもiPadで表示してみるとうまく表示されなかったりという事象が続いたので、いったんあきらめてframesetの構成で続けることにしました。
現在は、ホームページのコンテンツはデータベースに格納し、リクエスト毎に毎回htmlを生成する方式が主流となっていて、この方式なら確かにframesetは不要なのですが。 ということで、各ページをHTMLで手作りで作っていくのは時代遅れなのですが、いったんこのやり方で構成してしまったホームページを再構成するのも結構手間なので思案投げ首といったところです。
まあ、あと10年以上はframesetで構成したホームページもブラウザで問題なく表示されるだろうから、本当に表示されなくなる時代が来たら再度考えることにしようかな。


あけましておめでとうございます
2018年1月1日

あけましておめでとうございます。
退職再雇用でのプログラミングの仕事も2年になりますが、今年も仕事をすることになりました。 いままでどおり、楽しく仕事をしていきたいと思います。
趣味ではボードゲームの会名取盤友会を月2回のペースで開催しています。 皆さんのおかげで昨年は100回目の開催を行うことが出来ました。 名取盤友会に参加してくれている皆さん、ありがとうございます。
そして、今年もよろしくお願いいたします。




2017年の日記